偶然と必然の間に在る馬券術

レーシングプログラムとは・・・・・・競馬の安全と公平を担保するために偶然の中に必然的なSomething Els (意図)を編集したもの。


※レ-プロの秘密はメルマガ「549 Newsletter」で公開中!

November 22, 2018

メルマガ「549 Newsletter」のご購読(無料)手続きの前に、まずは下記ビデオをご覧下さいませ。

僭越ながら、「的中すれど、儲からず」でお悩みではございませんか?これは多くの競馬ファンに共通する悩みです。

そんな悩みの原因とは・・・ハイ、それは◎○▲△などの印やオッズの数字を気にし過ぎるからです。

過ぎたるは及ばざるが如し。競馬は情報が命とは言え、情報を知りすぎても知らなさ過ぎても的中の美酒は飲めません。要はその情報が的中に至るものなのかどうか?です。

では、何をどうすれば・・・?(続きはビデオで)

今すぐ視聴する

1980年代半ば、日本中央競馬会は当時の愛称[NCK]から現在の[JRA]に変更しました。これは当時のCI(コーポレートアイデンティティ)の流れに沿ったものです。そしてその頃、コアな競馬関係者すら気づかない一大改革(新戦略)がJRAとなった競馬会内で進められていました。
新戦略で特筆すべきは広報戦略のパラダイムシフトです。中身を一言でいうと競馬サークルの垣根を取り払った事です。

今では信じ難いことでしょうが、1980年代当時の競馬会は売上げが低迷して青息吐息でした。広報戦略で採用した策はど真ん中の直球です。つまり、的中や的中させる情報をストレートに広報したのです。

そんな広報戦略部門の一翼を担ったのが競馬界でも超高名なプロフェッショナルの方々でした。偶然と必然の間に在る馬券術は、その流れの中から生まれました。

ご入力頂いた個人情報は第三者へは提供致しません。

※ビデオをご視聴後、改めてご一読くださいませ※

想いは必ず実現する。但し、実現までに少しの時間が必要な事を理解し途中で投げ出さないと覚悟すれば。

  • 1

    3Dに編集されたレープロ(出馬表)の読み解き方をちゃんと習いたい。

    能や歌舞伎、落語などの伝統芸能は言うまでもなく、大工さんなどの職人の世界でも技を継承する優れたノウハウが在ります。それが「守・破・離」です。
    ※守=真似る、破=真似から脱皮する、離=師匠の教えを超える。
    PDF(549の法則)を手元に置き、メルマガでお届けするレクチャー動画をご視聴頂ければ「守=真似る」のやり方が分かります。あとは実践で試すだけ・・・

  • 2

    JRAが発出するインフォメーションを的中に繋げる方法を知りたい。

    この件については決まった方法論がある訳ではありません。その都度、ケースバイケースで学んでいただく事が最良の方策です。
    勿論、そのための学びの場は用意してございます。

  • 3

    549の法則が教える1着~3着までの固有の配列を知りたい。

    繰り返しになりますが、549の法則は単純ですが奥が深い。その辺の実情は549 Newsletter でお届け致します。そこには1着~3着までの配列のパターンが分かりやすく示されています。

  • 4

    できることなら、ほんの2~3点買いで万馬券をゲットしたい。

    549の法則・・・本(もと)を正せば「3連単を4点買いで当てる」ことを可能にした競馬マニュアルです。なので、不可能ではないですが道のりは遠いです。
    しかし、いきなり3連単といわないまでも、他の馬券種(ワイド)ですが4点買いで万馬券をゲットしたのは現実です。